ストレッチの注意点

ストレッチの注意点としては、
あまり身体を伸ばしすぎないようにしましょう。
ストレッチ初心者の方にありがちなのですが、
ストレッチというイメージから、身体が痛くなるまで伸ばしてしまうというのがあります。
たしかに身体をのばすのはストレッチの醍醐味ではあるのですが、
身体が痛くなるほどまでにストレッチをするというのは、
あまりいいことではありません。

特にスポーツ後のストレッチでは、筋肉が痛んでいる状態ですので、
そのときに身体が痛くなるほど身体を伸ばしたストレッチをしてしまうと、
筋肉を傷める原因になってしまいます。

ですので、ストレッチするときは、身体が痛くなるかならないかのところでやめておくようにしましょう。
あと、筋肉痛になったときにストレッチをする人は多いのかもしれません。

ですが、結論を言うと、筋肉痛を改善したり、
和らげたりするのには効果がないといわれています。

もちろん、筋肉痛をはやく改善するために、
なにかしらしたいという気持ちもわかります。

また、筋肉痛の箇所をストレッチすることでなにかしらよくなったように感じることもあります。
ただそのような場合であってもストレッチがほんとうに筋肉痛に効果があったというわけではないようです。