ストレッチの目的

ストレッチをする理由は人により大きく異なります。
ある人は単にストレッチをするのが気持ちがよいからといった理由であったり、
運動の一環としてストレッチを行うという人もいると思います。
そのほかにも、腰痛を改善するためにストレッチを行う人もいるそうです。

ですが、ストレッチの本来の効果を引く出すのに必要な正しいストレッチ方法を理解している人はそう多くはいません。

例えば、短距離走などの瞬発力が必要なスポーツをしている場合だと、
スポーツの前に静的ストレッチをするのはあまりよくないといわれています。
一般的にはスポーツ前にストレッチをするというのはよいといわれていますが、
場合によってはそうではない場合も多くあるのです。

例えば動的ストレッチなんかがそうです。
動的ストレッチというのは、身体を大きく動かすタイプのストレッチのことをいいます。
例えば、小学校のころにやっていたラジオ体操などがその代表的なものになります。
いわば動的ストレッチはスポーツ前の準備運動といったところでしょうか。
太ももは筋肉の中でも比較的大きな筋肉になるため、
ストレッチをする上で特に重要にする必要があります。
アスリートの方々も太ももを重要視しています。
ですので、あなたも運動をされるのであれば、
太もも(ハムストリングス)が柔軟に動くように普段から念入りにストレッチをするとよいでしょう。