スポーツとストレッチの関係

スポーツをしている人でしたら、どうしたらスポーツ中にパフォーマンスが向上するのか知りたいですよね。
その答えのひとつに、ストレッチがあります。
ストレッチの高価のひとつに、身体の柔軟性を高めるという効果があります。
柔軟性を高めることで、スポーツのパフォーマンスが向上することはもとより、
怪我もしにくくなります。

スポーツをしている方のほかにも、ストレッチはメリットがあります。
例えば、ストレッチをすることで基礎代謝の向上や、
決行を促進したりするのです。

このほかにもストレッチは多くのメリットがありますが、
ストレッチをする上でひとつ重要なことがあります。

それはストレッチには最適なタイミングがあるということです。

例えば、ストレッチには種類があり、
動的ストレッチというストレッチは、運動の前に行うと効果的ですし、
反対に静的ストレッチは、運動後に行うと効果的であるといわれています。

このように、同じストレッチでもタイミングにより効果が高かったり、
低かったりするので、しっかりと理解しておくようにしましょう。

<静的ストレッチとは?>
静的ストレッチというのは、身体をゆっくりと伸ばすようなストレッチのことをいいます。
よく女性がやっているストレッチをイメージしていただければわかりやすいと思います。
効率よく静的ストレッチをするためには、
身体が温まっているときの行うとよいでしょう。
身体が冷えているときに静的ストレッチをしてしまうと静的ストレッチが本来持っている効果を引き出せないばかりか、
逆に身体を痛めてしまうことになりかねません。
ですので、背的ストレッチを行うときには身体が温まった状態、
特にお風呂上りに行うとよいでしょう。