スポーツとストレッチ

スポーツをしている人であれば、
どうすればスポーツで最高のパフォーマンスが発揮できるか知りたいですよね。
もちろん、スポーツする人だけではなく、
日常生活においても肩こりに悩まされていたり、
冷え性をもっていたり、ダイエット中であったりすれば、
どうすればうまくいくのか知りたいですよね。

簡単にできることとしては、ストレッチがあります。

ストレッチをすることにより、身体が柔軟になります。
身体が柔軟になると、スポーツで怪我をしにくくなるばかりか、
パフォーマンスも向上することでしょう。

また、スポーツ以外での日常生活でも、ストレッチをすることで、
代謝がよくなり、冷え性も改善することでしょう。

ただし、ただストレッチをすればよいというわけではありません。
ストレッチをするときには正しい知識をもって行う必要があります。

例えば、ストレッチには動的ストレッチというものがあります。
この動的ストレッチは、これから激しいスポーツをする前に行うと効率がよいというのが一般的です。
逆にスポーツ後に動的ストレッチはあまり適していません。

スポーツ後のストレッチは、静的ストレッチと呼ばれるストレッチをするとよいといわれています。

このように、ストレッチといってもいくつかの種類があり、
場合によっては効果がまったく違ったものになってきますので、
ストレッチを行うときはただ悪しい知識を持つようにしましょう。

ストレッチの正しい方法を知ったならば、
ストレッチをするタイミングも変わってくると思います。
例えば、短距離走のような瞬発力が重要なスポーツですと、
運動前に静止型のストレッチはしないようになるでしょう。

一方で、運動後や短距離走をしない日であれば、
静止型のストレッチをしてもよいでしょう。

ですが、もしあなたが肉離れや筋肉痛を起こしているのでしたら、
なるべくストレッチをしないようにしましょう。