スポーツ前のストレッチは重要です

どんなスポーツであっても、準備運動は欠かせないものです。
準備運動はあくまで準備運動ですので、それほど重要視していない方も多いと思います。
ですが、準備運動後のスポーツでよいパフォーマンスを発揮したいのであれば、
準備運動の段階からしっかりとやっておく必要があります。

準備運動は体温を高めてくれるため、
身体が動かしやすくなり、その後のスポーツで怪我をしにくくなるでしょう。

また、あまり知られていませんが、スポーツ後にもストレッチするとよいといわれています。
スポーツ後にするストレッチとしては、静的ストレッチと呼ばれる種類のストレッチをするようにしましょう。

静的ストレッチというのは、ゆっくりと身体を伸ばすようなストレッチのことをいいます。
ゆっくりと身体を動かすことで、スポーツで高まった神経を沈ませることができます。
逆に、最新の研究によると、スポーツ前に静的ストレッチをしてしまうと、
一時的筋力が下がってしまうことがわかっています。
ですので、スポーツ前には静的ストレッチはしないようにしましょう。

ランニングをするときのストレッチはランニングに使う筋肉を重点的にストレッチするようにしましょう。

具体的にはアキレス腱や太もも、すねや足首を重点的にストレッチするとよいでしょう。
このときのストレッチはあくまで準備運動ですから、
痛みを感じるまで行う必要はありません。

身体が温かくなる程度でよいでしょう。