スポーツ前は動的ストレッチを

スポーツの前に身体をゆっくりと動かすストレッチをする人もいらっしゃいます
が、スポーツ前に身体をゆっくりと動かす、いわゆる静的ストレッチはスポーツ
前にはあまりおすすめできません。

理由としては、静的ストレッチの効果として、
身体を落ち着かせるという効果があります。

ですので、スポーツ前に身体が休まってしまうというのは、
その後のスポーツで本領を発揮することができないのです。

ではスポーツ前にはストレッチを控えたほうがよいのでしょうか。

実はそうではないのです。

スポーツ前には、動的ストレッチと呼ばれるストレッチを行うとよいといわれています。
動的ストレッチというのは、例えばラジオ体操のように身体を大きく動かすようなストレッチのことを言います。

動的ストレッチのメリットとしては、

・準備運動になる
・スポーツ前に筋肉を活性化できる
・交感神経を刺激し、スポーツに適した状態にする

などがあります。

ですので、スポーツをする前には、動的ストレッチをするとよいでしょう。

筋肉の種類にハムストリングスと呼ばれる筋肉があります。
このハムストリングスという筋肉は、太腿の裏にある筋肉のことをいいます。
ハムストリングスをストレッチすることで膝にかかる負担を減らすことができます。
このハムストリングのストレッチ方法としては、
足を伸ばした状態ですわり、上半身を足の方向に倒すとよいでしょう。

そうすることにより、ハムストリングを効率的にストレッチすることができます。
しかも、この方法だと同時に腰回りも同時にストレッチすることができます。

ハムストリングスは足を使うスポーツでしたら重要な部位になっておりますので、
正しい方法でしっかりとストレッチすることが重要です。