体の柔らかさとストレッチの関係

あなたの体は柔らかいほうでしょうか。
それとも硬いほうでしょうか。
あまり知られていないことですが、やせていることと体の柔らかさには深い関係
があります。
具体的には、体が硬い方は一般的に、太りやすいといわれています。
理由は簡単に説明すると、筋肉は体を動かすだけではなく、
血液を流れやすくする効果もあります。

体が硬いということは筋肉も硬いということですから、
筋肉が血液を流れやすくする効果も落ちてしまいます。
ですからダイエットしたいというのでしたら、
体を柔らかする必要があると言えるでしょう。
体を柔らかくするためにはストレッチをするとよいのですが、
実はストレッチをするときには、お風呂上りにするとよいんですよ。
お風呂上りは体が温まっていて、筋肉がほぐれやすいので、
普通にストレッチをするよりもより効果的にダイエットすることができるんです

せっかくストレッチをするのであれば、
より効果のある方法でストレッチしたいですよね。

例えば、ランニングする前のストレッチは足首はもとより、
太ももやすね、アキレス腱、腰など走りにかかわるところは満遍なく行うように
しましょう。
ストレッチはあくまでもランニングを効率的にするためのものですから、
し過ぎないようにしましょう。
ストレッチは筋肉が伸びていると感じるほどに適度に行うようにしましょう。