静的ストレッチのデメリット

ストレッチはいいことばかりだと思われがちですが、
実はそうではないのです。
例えば、ストレッチには静的ストレッチというものがあります。

この静的ストレッチというのは、一般的には筋肉の張りを失わせることで、
その後の運動のパフォーマンスを下げってしまうといわれています。

ですから、静的ストレッチをするときは、
運動の前ではなく運動後にするというのがよいでしょう。

さらにいうと、静的ストレッチは、特に入浴後にしたほうがよいでしょう。
入浴後にストレッチをすることで血行がよくなり、
代謝がよくなったりするんです。

また、静的ストレッチをするときには身体をゆっくり伸ばすようにしましょう。
ゆっくり伸ばす時間は20秒から30秒ほど伸ばすようにしましょう。

静的ストレッチをする上での注意点ですが、
真剣にストレッチをするあまり身体の限界以上に身体を伸ばしてしまうということが多くあります。
ストレッチの目的として身体の稼動域を広げるということがありますが、
それで痛みを感じるほどに身体を伸ばすのはよいとはいえないでしょう。

一説によると、身体に痛みを感じるほどに身体を伸ばすと無意識のうちに筋肉が収縮してしまうといわれています。
ですから、痛みを感じるほどにストレッチをするというのは、
痛いだけではなく、ストレッチの本来持っている効果を引き出すことができないため、
あまりおすすめできません。

特に、運動後の筋肉は負担がとてもかかっていますので、
痛みを感じるほどの伸ばしてしまうと、さらに筋肉が傷ついてしまう恐れがあります。
ですから、運動後のストレッチは痛みを感じるほどのストレッチは控えるようにしましょう。