お風呂上りは静的ストレッチがおすすめ

お風呂に入ることで、体の心から温めることで、
血行や代謝がよくなります。
入浴中に特段ストレッチをせずとも、
血行がよくなるため、なるべくシャワーで済ませてしまわずに入浴するようにしましょう。
そして、入浴は血行だけではなく、代謝もよくなると言う特徴があるため、
お風呂をあがってすぐにストレッチをすることでより、
効果的にストレッチをすることができます。

普段と同じストレッチでもお風呂上りにストレッチすることで、
より効果的にストレッチができるのでしたらお得ですよね。

<お風呂上りは静的ストレッチがおすすめ>
静的ストレッチは、落ち着いているときに行うことがよいといわれています。
逆に神経が高ぶった状態で静的ストレッチをしてもあまり効果は期待できません。
静的ストレッチをするときはどのような状態で行うのがよいのかといいますと、
お風呂上りや就寝前などの身体が落ち着いているときに行うとよいでしょう。

もちろん、それ以外のときでも身体がリラックスしていると感じているのでしたら、そのときに行うのがベストです。

また、骨盤がゆがむと下半身の血液の循環が悪くなります。
下半身の血液の循環が悪くなるとむくみが出てきたり、
太ももやおしりに脂肪がつきやすくなります。
ですから女性の方であれば特に注意する必要があるでしょう。
その他、骨盤が開いてゆがんでしまうと歩くときに蟹股になりやすくなります。
年を重ねるごとにおなかがぽっこりしてしまうのは、
骨盤のゆがみが原因になっていることもあるのです。