ストレッチの重要性とメリットについて

21世紀の現代においては、力仕事よりもサービス業に従事する方が多くなってきました。
サービス業では、デスクワークのように常に座っていたり、
一日中パソコンをやっていたりと、同じ姿勢でいることが多くなりました。

同じ姿勢でいることが多くなったことにより、
血流が異なったり、特定の筋肉だけに負担がかかってしまったりするんです。

ですから、同じ姿勢でいることが多い仕事をしている人は、
滞った血流を改善したり、筋肉をほぐしたりするために、
毎日定期的にストレッチするのがよいでしょう。

ストレッチは、仕事中の休憩時間や、
お風呂の入浴中に行うとよいでしょう。

<ストレッチのメリット>
ストレッチをすることで、筋肉が伸ばされることで柔軟性が増し、
ストレッチ後のパフォーマンスも向上し、パフォーマンスの低下による怪我も少なくなるでしょう。

ただ、ストレッチと筋トレは全くの別物になります。

特にランニングやウォーキングなどではストレッチと筋トレの明確な定義がないため、混同してしまうという人が多くいらっしゃいます。

ですので、人によってはストレッチだと思っていても筋トレであることも多くあります。
ですので、正しいストレッチをしたいのでしたら、
しっかりとした情報収集するとよいでしょう。

<ストレッチの種類>
ストレッチには大別して『静的ストレッチ』と『動的ストレッチ』に分けられます。

まずは動的ストレッチから説明しましょう。
動的ストレッチというのは、運動をする前に行うストレッチです。
例えば、ラジオ体操なんかが代表的な動的ストレッチです。
一方で、静的ストレッチというのは、
ラジオ体操のように、体を激しく動かすのではなく、ゆっくりと伸ばすようなストレッチのことを言います。
痛みを感じないところまで伸ばした後は、
そのまま30秒ほど維持するようにします。
そのため、はじめはあまり間接が伸ばせなくても、
毎日続けることでだんだんと体の伸ばせる範囲が広がっていきます。

そのほか、静的ストレッチは、リラックスさせたり、
副交感神経の働きを活発にする効果があるので、
運動後や就寝前に行うとよいでしょう。